「よりよい」を追究し続ければ、やがて「最高」にたどり着くと信じて日々精進することが「顧客満足の追究」になり、結果として社員の幸福をも追求できると考えます。