快適な居住空間として、また大切な資産として、クオリティーの高いマンションを求める人は年々増えています。こうしたニーズを受け、大任建設が分譲マンション事業に参入したのは平成9年。「パークベルズ」と名付けたこのシリーズでは、現在まで7棟が供給され、おかげさまでご好評を頂戴しております。
暮らしやすさを考えた立地の良さと、毎日の生活がもっと楽しくなる便利で充実した設備、そしてすべてにハイグレードな仕様を施し、住む人の満足を徹底的に追求したマンション「パークベルズ」。ニーズの変化を先取りしながら、私たちは今後も快適な住空間の提供に全力を尽します。
近年は、環境やメンテナンス、お客様の資産価値などを考慮して、1フロア2〜3邸の全戸角部屋マンションの供給に力を入れています。また、1人暮らしの女性や高齢者世帯の購入希望が急増していることから、セキュリティー面や高齢化対策の強化にもいち早く取り組むなど、時代のニーズに即応したマンション供給で、高いご支持をいただいております。
今や、価値観や流行の移り変わりが激しい時代ですが、私たちの事業姿勢はただひとつ「すべては『生活者の目線』で設計すること」。市場のニーズに即応しつつ、よりよいマンションライフを提案・創造する「オンリーワンブランド」を目指して、さらに進化していきます。
 
建築とは、人と「土地」「家」をつなぐもの。その意味で私たちは、社会づくりの一端を担っているという社会的使命のもと、「パークベルズ」シリーズを手がけてまいりました。おかげさまでご好評をいただき、2007年には高知県で新棟着工の予定です。建設においてはこれまで同様、たしかな企画力と技術力、蓄積されたノウハウで高品質なマンションを供給し、必ずお客様にご納得いただけるものと確信しております。
耐震偽装問題を発端に、建設業者としての真価が厳しく問われるようになった昨今ですが、私たちは今後、住宅に関する情報のご提供やアフターサービスにも力点を置きたいと考えています。住む人のライフデザインに合った家のご提案や、入居後もベストの状態で住み続けていただく方法や注意点をきちんと伝えること。そんな「真の建築のプロ」を、社内育成していく所存です。